弁護士相談のメリット

事故交通事故の後遺障害認定は、交通事故で起こったケガの痛みなどいわゆる「後遺症」が残ってしまった場合に受けられる認定のことです。しかしながら、交通事故被害者にとっては、自分の症状が後遺障害に認定されるかもわかりませんし、煩雑な手続きを自分で行うのが大変という人もいます。

特に長期にわたる治療や、今まではなかった障害と長期にわたって付き合わなければならないということはとてもつらいことです。そのようなつらさを少しでも補填するために後遺障害認定制度がありますし、後遺障害認定が適正にされることで少しでも心の負担を軽減できます。

これらの手続きや交渉をすべて自分で行うのはとても大変で、保険会社の言う通りに早く示談書を取り交わしたいと思うがあまり後から適正な等級ではないのでは?と思うこともあります。このような不安を取り消し、後悔をしないために交通事故の後遺障害認定は弁護士にお願いしたほうがよいです。

弁護士費用はかかりますが、長期にわたる交通事故の後遺障害認定に対して迅速かつ的確な対応をしてくれます。交通事故の後遺障害認定を受けるためには、診断書をはじめとした書類をたくさん集めなければなりませんし、的確な診断でないと同じ症状でも等級が違ってくる場合があります。弁護士にお願いすることによって、同じような症状からどのような書類を準備すればよいのか、申請方法をスムーズにするにはどうすれば良いのかを教えてもらえます。

【参考サイト】交通事故後遺障害認定 / アディーレ