交通事故の後遺障害

足のケガ交通事故の後遺障害とは、交通事故でケガをして後遺症が残ってしまった場合に認定されます。後遺症がすべて交通事故の後遺障害として認定されるのではなく、法的に認定されている症状のことです。交通事故の後遺障害等級は1級から14級に分かれており、後遺障害1級と後遺障害2級は要介護かそうでないかによって分かれています。そのため、交通事故の後遺障害は16段階に分けられると理解したらよいです。

しかしながら、その認定の仕方はやはり交通事故の衝撃がケースバイケースになりますので、同じ症状であっても必ずしも等級が同じとは限りません。交通事故に最も多いと言われている後遺症、むち打ちであったとしても、後遺障害を認定されない場合もありますし、後遺障害10級から14級と認定も幅広いものになります

また、後遺障害等級によって慰謝料や損害賠償金額が決まってきますのでどの等級に認定されるのかは大変重要なことになります。専門的な書類の集め方や診断書の書き方、診断してもらう観点などさまざまな要素で等級が決まります。被害者のほとんどは知識がありませんので、適正な等級かどうかがわからないことも珍しくはありません。交通事故問題に強い弁護士にお願いするのがよいです。