弁護士相談内容

実は、交通事故そのものが個々に違いがあれば後遺症の出方としても個人差があります。そのため、後遺障害等級の認定は非常にデリケートなものです。より自分の症状に適正な投球で認定してもらうためには、交通事故問題に強い弁護士にお願いするのが最適です。

キーボードまずは交通事故問題に強い弁護士を見つけるために、弁護士事務所へアプローチします。その際は、法テラスなどを利用するという方法もありますし、弁護士事務所のホームページから交通事故問題を取り扱っている、弁護士事務所を見つけることが重要です。何もかも行っている弁護士よりも、交通事故で豊富な経験のある弁護士が良いです。

交通事故の後遺障害認定を弁護士に依頼する場合は、予約を取ります。初回相談は無料というところもありますし、メールや電話での相談に乗ってくれるところもありますので、そういったものを利用するという方法もあります。相談時には、事故の状況が分かる書類、診断書、ケガの状況が分かる書類や通院の頻度などのメモを持っていきます。また、事前に必要な書類を聞いておけばスムーズに相談できます。料金についても着手金や報奨金が必要になりますので、事前に確認しておくとよいです。

認定の仕方は2つ

弁護士交通事故における後遺障害の認定方法は2つあります。一つは、加害者側の任意保険会社が窓口となって被害者の後遺障害の認定をする事前認定であり、これを加害者請求といいます。もう一つの方法としては、被害者が自ら加害者の任意保険会社に請求する被害者認定です

事前認定、すなわち加害者請求は加害者の保険会社が自分に代わって事前に等級を申請してくれます。そのため、煩雑さはないのですが保険会社は自社の利益を考えて早く認定をしたいと思ったり、軽い投球で認定を使用とするところも中にはあります。煩雑さがない分、納得する等級で認定されないというリスクもあります。

一方、被害者請求は被害者が直接請求するため自分で診断書等の書類をすべて集めなければならないという煩雑さがあります。しかしながら、弁護士に後遺障害認定申請をお願いするのであれば、弁護士が代理人となって被害者の代わりに加害者の保険会社に請求できます。

交通事故における後遺障害認定を多く経験している弁護士事務所であれば、どのような書類をどのようなタイミングで集めたらよいのかがわかります。被害にあって後遺障害もあってつらい思いをしている被害者の心理的負担も軽減することができます。

交通事故の後遺障害

足のケガ交通事故の後遺障害とは、交通事故でケガをして後遺症が残ってしまった場合に認定されます。後遺症がすべて交通事故の後遺障害として認定されるのではなく、法的に認定されている症状のことです。交通事故の後遺障害等級は1級から14級に分かれており、後遺障害1級と後遺障害2級は要介護かそうでないかによって分かれています。そのため、交通事故の後遺障害は16段階に分けられると理解したらよいです。

しかしながら、その認定の仕方はやはり交通事故の衝撃がケースバイケースになりますので、同じ症状であっても必ずしも等級が同じとは限りません。交通事故に最も多いと言われている後遺症、むち打ちであったとしても、後遺障害を認定されない場合もありますし、後遺障害10級から14級と認定も幅広いものになります

また、後遺障害等級によって慰謝料や損害賠償金額が決まってきますのでどの等級に認定されるのかは大変重要なことになります。専門的な書類の集め方や診断書の書き方、診断してもらう観点などさまざまな要素で等級が決まります。被害者のほとんどは知識がありませんので、適正な等級かどうかがわからないことも珍しくはありません。交通事故問題に強い弁護士にお願いするのがよいです。

弁護士相談のメリット

事故交通事故の後遺障害認定は、交通事故で起こったケガの痛みなどいわゆる「後遺症」が残ってしまった場合に受けられる認定のことです。しかしながら、交通事故被害者にとっては、自分の症状が後遺障害に認定されるかもわかりませんし、煩雑な手続きを自分で行うのが大変という人もいます。

特に長期にわたる治療や、今まではなかった障害と長期にわたって付き合わなければならないということはとてもつらいことです。そのようなつらさを少しでも補填するために後遺障害認定制度がありますし、後遺障害認定が適正にされることで少しでも心の負担を軽減できます。

これらの手続きや交渉をすべて自分で行うのはとても大変で、保険会社の言う通りに早く示談書を取り交わしたいと思うがあまり後から適正な等級ではないのでは?と思うこともあります。このような不安を取り消し、後悔をしないために交通事故の後遺障害認定は弁護士にお願いしたほうがよいです。

弁護士費用はかかりますが、長期にわたる交通事故の後遺障害認定に対して迅速かつ的確な対応をしてくれます。交通事故の後遺障害認定を受けるためには、診断書をはじめとした書類をたくさん集めなければなりませんし、的確な診断でないと同じ症状でも等級が違ってくる場合があります。弁護士にお願いすることによって、同じような症状からどのような書類を準備すればよいのか、申請方法をスムーズにするにはどうすれば良いのかを教えてもらえます。

【参考サイト】交通事故後遺障害認定 / アディーレ