認定の仕方は2つ

弁護士交通事故における後遺障害の認定方法は2つあります。一つは、加害者側の任意保険会社が窓口となって被害者の後遺障害の認定をする事前認定であり、これを加害者請求といいます。もう一つの方法としては、被害者が自ら加害者の任意保険会社に請求する被害者認定です

事前認定、すなわち加害者請求は加害者の保険会社が自分に代わって事前に等級を申請してくれます。そのため、煩雑さはないのですが保険会社は自社の利益を考えて早く認定をしたいと思ったり、軽い投球で認定を使用とするところも中にはあります。煩雑さがない分、納得する等級で認定されないというリスクもあります。

一方、被害者請求は被害者が直接請求するため自分で診断書等の書類をすべて集めなければならないという煩雑さがあります。しかしながら、弁護士に後遺障害認定申請をお願いするのであれば、弁護士が代理人となって被害者の代わりに加害者の保険会社に請求できます。

交通事故における後遺障害認定を多く経験している弁護士事務所であれば、どのような書類をどのようなタイミングで集めたらよいのかがわかります。被害にあって後遺障害もあってつらい思いをしている被害者の心理的負担も軽減することができます。